「トワイライト8」の320ページ目、誤訳なんだろうけど、どう訂正すれば?


トワイライト8「冷たいキスをあたしに」第10章“わがままな怪物”(もともとはchapter19 Selfish〜わがまま〜なので、なぜ「怪物」をつけるのかがわからない私。この章でわがままを言っているのは、「自分のことをmonster=バケモノ呼ばわりするエドワード」ではなくて、「戦いに参加しないか、戦いの場に一緒に連れて行くかのどちらか〜とにかく一緒にいたい〜と懇願するベラ」のほうですから)。日本語の章題も気に入らないのに、ちょっとこれは……と思う場所を見つけちゃいました(見つけたくないんですけど)。


重箱の隅をつつくようなことはしたくないけれど、小姑のようなことは言いたくないけれど、揚げ足をとるようなことはごめんだけれど、やっぱり言うべきことは書いておこうかなという今日の私に賛同してくださる方も、なんでそんなことするの?意味ないじゃん!という方も、人気ブログランキングへ


イジワルな私がついつい目にしちゃったのが、「トワイライト8」320ページ5行目。4行目から抜き出してみると、

「びっくり……。ホントにまる一日、消えちゃったんだ。なんてもったいないことをしたんだろ。よかった。あたしはいつまでも睡眠のために時間を無駄にしなくてすむんだもの」

となっていますが……


トワイライトファンの方なら(そうじゃなくて、いきなりこの文章を読んだ方でも)、最後のセンテンスがちょっと???なのはお分かりいただけるかと思います。前の日にほとんど24時間起きたままで、普通では味わえない体験をしたベラが、明け方から夕方までまるまる寝てしまっていたというシチュエーションです。なので、「よかった。あたしは〜」のところはちょっと違いますよね。ここのところは多分、翻訳者の方も最初の本読みでさらっと訳したまま忘れちゃったかと思われます(その根拠はただ端に「文章の終わりの句読点が抜けている」というものだけなんですけど)。

さて、この部分。原作では424ページの10〜13行目にあたります。こちらも抜き出してみると、

「Wow, I'd really lost the whole day. It felt like such a waste. I was glad I would'nt always have to squader my time with sleeping」

となっています。


さてさて、ただでも「トワイライト」はベラの立場からの一人称での語り口となっているし、過去形での語り口になっているので、英語が苦手な私は読むのにとても四苦八苦しています。そこにきて、ここのI was glad〜以下の文章は単語はシンプルなんだけど、時制やらなんやら絡んできてちょっと解読が???翻訳者の方も下読みのときにちょっとこんがらがったのではないかと思われます(そんなわけはないのでしょうが、でも実際日本語訳がちょっとおかしいでしょ)。


エドワードファンのみなさまならどう訳されるのでしょうか?


ちなみに、今日現在の私だったらこう訳すかも…バージョンは

I wouldn't<しないだろうに・しなかっただろうに・でないだろうに> always<普段は・もともと> have to squander<浪費する・無駄にする> my time with sleeping

ということで、「普段は睡眠に時間を割いてないのに(こんなに寝ちゃった)」ってかんじかな。


つなげてみると「びっくり……。ホントにまる一日、消えちゃったんだ。なんてもったいないことをしたんだろ。こんなに寝過ごしちゃうなんて」


んー、でもこれでも何かがちょっと違います。どなたか、英語がわかる方、ご指南ください!