やっとこさ、「パイレーツオブカリビアン〜デッドマンズチェスト〜」を観ました

9月も今日で終わり!こんな時期になって、やっとこさ「パイレーツ〜」を観ましたよ。7月末公開だったのに、鑑賞が9月末。出遅れたのもすごすぎです。けど、2ヶ月上映していて、終了未定っていうのもすごいですね。私のイチオシ「スーパーマンリターンズ」が8月中旬公開だったのに、9月29日で終了したのを思えば、恐るべしパイレーツ!そんなにおもしろいのかしら……と期待してしまいます!


「パイレーツオブカリビアン〜デッドマンズチェスト」をご覧になったかたもなっていない方も、面白かった方も面白くなかった方も人気ブログランキングへ


はてな年間100本映画クラブ[018]『パイレーツオブカリビアン〜デッドマンズチェスト』

やっとこさ、「パイレーツオブカリビアン」の続編「デッドマンズチェスト」を観に行きました。感想は……しまった!前編をまじめに見直してから行くべきだった!ってところです。ウィルの恋敵、ノリントンが出てくるのですが、どういう立場の人だったかすっかり頭から抜けていたので(笑)。それにしても、ディヴィ・ジョーンズを演じたビル・ナイって、アンダーワールドシリーズの長老役に引き続き「人間じゃない役」でしたね。ハマり役ってかんじ。「ナイロビの蜂」でも悪役だったし、悪役もハマり役。たまには「ラブ・アクチュアリー」のおいぼれロッカー役みたいな、いい人も演じておくんなまし。

上映時間は確かに長かったけど、退屈しなかったのはさすがにディズニー映画。でもあの大ダコの化け物「クラーケン」はちょっとクドすぎ。次回の3作目「アット・ワールズ・エンド」〜世界の果てってとこですね〜には、チョウ・ユンファが出てくるし、エリザベスことキーラ・ナイトレイもチャイナ服を着て撮影しているところを目撃されたりしてるので、異国情緒たっぷりとした内容になりそうです。

めずらしく、エンドロールになっても席をたつ人がやけに少ないなあ……って思ってたら、ちゃんとエンドロール終了後にオチがついていたのですね。そういえば、あの島に置き去りにされた○はどうなったの……と思っていたので、オチで説明してあって納得しました。といいつつも、あの○はあの先どうなるの?王様でいられるのか、それとも食べられちゃう運命なの?確か、ジャック・スパロウは「供え物として食べられる運命」だったから、やっぱり○も食べられちゃうんですかね。ディズニー映画としては、ああやってぼかすしかないか。よい子のみんなに○が原住民に食べられちゃう!なんてシーンは見せられないし。


今日の日記で、映像を無理やりスーパーマンで5個そろえました(バカ)。明日からまた画像がずれちゃうんですけど。