キアヌには好きな本と嫌いな本がある!?


今回のジャパンプレミアに挑むにあたって、家の中を探したところ、キアヌ本を二冊発見!一冊は日本のもの、もう一冊はアメリカのものです。キアヌが近づいたときに両方前に差し出して、あわよくば2冊ともにサインをもらおうと思った(欲張り)のですが、アメリカのものを見たとたん、キアヌはいや〜な顔をしたのです!え??私、ご機嫌を損ねてしまったのかしら、やばいわっ!

でも、もう一冊のほうにはかすかな重みを感じました。期待をこめて本をみてみると……サインがしてありましたっ♪

それにしても、アメリカ版の方は何がいやなのでしょうかね?ざっと読んでみましたが、プロフィールやフィルモグラフィーが書き連ねてあるだけで、暴露ちっくなことは書いていなかったようです。が、裏表紙をみると作者の名前と「ブラピ」や「ジョニデ」の本も書いてるよ〜的な惹句が書いてあったので、キアヌ的には売名行為をする作家と思ったのかもしれません…。

写真の左がサインをもらえた日本版。右は言うまでもないキアヌが嫌いな本(言い切ってますが、絶対自信あります)。